ガーデンデザイン・お庭・外構エクステリア
  • 川崎多摩店 横浜青葉店
  • 横浜港南店 渋谷店
お電話での問い合わせ 0120-95-3071
横浜・川崎・東京の お庭づくりはグリーンケアへ * ガーデンデザイン、外構エクステリア、お庭のお手入れまで、トータルに承ります!
ガーデンデザイン・お庭・外構エクステリア
川崎多摩店 横浜青葉店 横浜港南店 渋谷店
お見積り・ご相談は無料です お問い合わせ・お見積り

ウッドデッキ 素材比較

樹脂デッキ、ハードウッドデッキ
どちらも耐久性に優れ、仕上がりの良い素材です。

ウッドデッキは、一度施工した後は長くお使いいただくものですので、耐久性のある 安心な素材を選んでいただきたいと思います。樹脂デッキとハードウッドを比較してみましたので、ご参考になさってみてください。

樹脂デッキ、ハードウッド 
素材比較

樹脂

外観、色展開:

カラー展開があり、木目も再現されています。

耐久性:

湿気や雨に強く腐朽の心配がありません。一度施工すれば、半永久的に使用できます。メーカー各社からいくつかの商品が出ている中で、木粉入りの商品は風合いが良くおすすめです。

色の変化:

日焼けによる褪色はございますが、基本的には、施工時の色を長くお楽しみいただけます。

天然木

外観、色展開:

天然木ならではの風合いが魅力です。

耐久性:

天然の木材の中でも、イペ、バツ、ウリンなど耐久性の高い木材をハードウッド、アイアンウッドと呼びます。数年で腐朽してしまうレッドシダー等に比べ各段に耐久性が高い素材です。

色の変化:

経年変化により、グレーに変化します。風合いを楽しみたい方におすすめです。

費用:

樹脂製デッキとハードウッドの費用は、ほぼ同じぐらいと考えて良いです。 施工面積や、場所の条件によっても異なりますので、詳しくはお見積りを作成いたします。

 

耐久性が高いと、価格も高いのでは?

確かに、一般に安価に流通しているレッドシダー材などに比べると、ハードウッドや樹脂素材のウッドデッキは高価です。「ひとまず、安いもので作って、、」という方法もあるかもしれませんが、あまりお勧めできません。施工したあとのメンテナンスの手間と費用、安全性を考えてみてください。耐久性のない素材を選んでしまった場合、設置の際の費用は安くても、毎年の塗装なおし、壊れかけてきたときの不安、撤去費用などがついてまわります。
将来を見越して素材を検討した場合、耐久性は価格に替えがたい大切な要素となると思います。

ハードウッドの種類

イペ

流通が比較的安定しているハードウッド。木目の美しさが特長。

セランガン・バツ

ハードウッドの中で比較的コストパフォーマンスが良い。

クマル

色が濃く重厚感があるが、雨等により色素が出ることもある。

どの素材がいいかわからない。
うちでは、どんなふうにできる?
、、、と思われましたら、まずは、
お気軽にお見積りをご依頼下さい。

お見積・ご相談は無料です